ごま油を入れて炊いたご飯。普通のビビンバなどでも活用したい

お弁当の一口ご飯シリーズ~^^;お弁当にはこういうのやっぱり好まれるんだなぁって気がしています。食べやすくて味がしっかりしているってのがうれしいですよね。こちらのレシピのポイントはご飯を炊くときにごま油と塩を加えているところ。こうすることで味付きひき肉との馴染みもよく、ごま油の風味もとっても良いの。
お試しください^^

材料(20個分)

米            2合
塩            小さじ1 1/2
ごま油          大さじ2
牛ひき肉         150g
サラダ油         適量
キムチ(みじん切り)   50g
小ねぎ(小口切り)    3本分
のり(4×4cm)      10枚

【A】
にんにく(みじん切り) 1かけ分
すり白ごま 大さじ1/2
砂糖         大さじ1
こしょう        少々
しょうゆ        大さじ1

<薄焼き卵>
卵      1個
かたくり粉       小さじ2
水      小さじ2
塩       少々
サラダ油      適宜

手順

1.米を洗い、塩、ごま油を加え、少なめの水加減で炊く。
2.ボウルに牛ひき肉を入れ、Aの材料を入れてよくなじませ、サラダ油を熱したフライパンで炒めておく。
3.(1)の炊き上がったごはんに、(2)、キムチ、小ねぎを混ぜ合わせ、20等分にする。
4.ボウルに卵を割りほぐし、分量の水でといたかたくり粉、塩を加える。サラダ油を薄くひいたフライパンで薄焼き卵を焼き、4cm角の大きさに切る。
5.「サランラップ®」を適当な長さに切り、のりをおいてごはんをのせ、「サランラップ®」で包みながら丸く成形する。薄焼き卵も同様にして作る。
6. 「サランラップ®」をはずし、卵、のりが上になるように盛りつける。

おすすめリンク最新記事










おすすめ記事