カレー粉の風味が食欲をそそる、中華風のとんかつ丼

台湾の屋台ではポピュラーなご飯だそう。もともと排骨(パイコー・パーコー)というのは豚のあばら肉、すなわちスペアリブのことを指していたようですが、今はちょっと変わってきて食べやすくなってきたみたい!本格的なのも食べたいけれど、こちらのレシピは日本人が大好きな味になってます^^カレー風味の豚肉のとんかつに甘辛い餡がたっぷり!ごはんに合わないわけないですね!
お試しください^^

材料

豚肩ロース 1枚(1cm厚・1枚120g)
塩・胡椒 少々
カレー粉 小さじ1/3
片栗粉 適量
卵 1個
パン粉 適量
青梗菜 1/2株
揚げ油 適量
白髪ねぎ 少々
ご飯 180g

《あん》
醤油 大さじ2.5
酒 大さじ2
砂糖 大さじ1.5
中華スープ 200ml
ごま油 大さじ1
水溶き片栗粉 大さじ2

手順

1.は溶きほhttp://mirukitchen.com/wp-admin/edit.php?post_type=feedbackぐしておく

2.青梗菜は塩茹でしておく

3.豚肩ロース肉を包丁の背で叩き、5mmほどの厚さにする。

4.塩・胡椒・カレー粉をまぶして、揉み込む。

5.片栗粉・卵・パン粉の順に粉付けし、180度の油でキツネ色になるまで揚げる。

6.1cm幅で切る。

7.フライパンにあんの水溶き片栗粉以外を加えて沸騰させ、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

8.器にご飯を盛り、4をのせ、小松菜をのせる。5のあんをたっぷりとかけ、白髪ねぎをのせる。

おすすめリンク最新記事
おすすめ記事