見ているだけでうっとり。着色料を使わない丁寧な和菓子

梅雨どきはおうちにいる時間も長くなり憂鬱なときもありますが、こんな和菓子動画を見てうっとりするのはいかがでしょう。なんといってもすごいのはアジサイの色を着色料を使わず、紫キャベツとレモン汁で色の調節までしてしまうところ。うっとりの繊細なワザです。
これは作らなくても観る価値あり。
お試し&動画をお楽しみください^^

【材料】6個分

・紫キャベツ…20g
・水…250ml
▼寒天(青色)
・粉寒天…0.5g
・グラニュー糖…6g
▼寒天(紫色)
・粉寒天…0.5g
・グラニュー糖…6g
・レモン汁…1滴
▼寒天(ピンク色)
・粉寒天…0.5g
・グラニュー糖…6g
・レモン汁…3滴
▼寒天(薄ピンク色)
・粉寒天…0.5g
・グラニュー糖…6g
・レモン汁…小さじ1/4

・白玉粉…40g
・水(白玉用)…40~50ml
・白こしあん…240g
・水(仕上げ用)…250ml
・粉寒天(仕上げ用)…2g
・葉(桜の葉やえごまの葉など)…6枚

【つくり方】

1. 紫キャベツを千切りにし、袋に入れて強く揉む。
2. 鍋に水を入れ、沸騰したら火を止めて紫キャベツを入れる。
3. 色が出てきたらザルで漉す。※長時間漬けると色が濃くなってしまうので注意してください。
4. 4つの器に、60mlずつ入れる。
5. レモン汁をそれぞれ加えて混ぜる。
6. 粉寒天・グラニュー糖を加え、火にかけて1分程沸騰させたら器にもどして寒天を固める。
7. 固まったら細かく刻む。
8. ボウルに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えて耳たぶ位の固さになったら6等分に丸める。
9. 沸騰したお湯(分量外)に丸めた白玉を入れ、浮かんできたら氷水で冷やす。
10. ラップの上に白こしあんをのばし、真ん中に白玉を置いて丸める。
11. 鍋に仕上げ用の粉寒天・水を入れ、沸騰させる。
12. ⑩の表面に仕上げ用の寒天を半分だけハケで塗り、乾く前に手早く各色の寒天を付ける。(青系の紫陽花は青色・紫色・ピンク色の寒天を使用、ピンク系の紫陽花は紫色・ピンク色・薄ピンク色の寒天を使用)
13. もう半分も同様に仕上げ用の寒天を塗り、各色の寒天を付ける。
14. 葉を下に敷き、お好みで余った仕上げ用の寒天で水滴をつくれば完成。

おすすめリンク最新記事
おすすめ記事