5月の紫外線ってかなり強烈。それでいて運動会とかピクニックとかのイベントが多い季節ですよね。浴びちゃって日焼けしちゃったなら、パックなどだけでなく中からキレイに戻すようにしましょ。おススメの食べ物に基づいたレシピ動画をご紹介します。

5月の紫外線とは


暑さだけで考えれば、7月や8月の方が暑いし、太陽の照りも強いんじゃ?と思いがちですが、紫外線にはUV-A・UV-B・UV-Cなどの波長によって区別があるのをご存知でしょうか?
その中でも5月の紫外線というのは、UV-A領域の紫外線にあたります。

肌の奥まで届く紫外線A波(UVA)

5月に多いこのUV-A領域の紫外線は、肌の奥まで届く紫外線A波(UVA)だから、肌の奥まで入り込んで、シミ、しわの原因になってしまうんです。
1年で一番紫外線が多い=美容面での肌に影響がある

といわれる所以なんです・・・
ちなみに、8月などはB波(UVB)が多く、肌の表面を焼くタイプ、こちらも肌を黒くするだけでなく、皮膚がんやシミなど肌への影響が多いのでもちろん注意しましょう。

でもうっかり5月に焼いちゃったら・・

とはいえ、うっすら日焼け止めを塗って1日外で過ごしたら、顔日焼けしてる・・なんてこと多いんです(涙)日焼け止めもこまめに塗りなおさないといけないんですよね。でも、子どもと一緒に遊んでいたり、運動会の応援、とかだと自分のことを気遣ってる余裕もない、なんてことも多いはず。しっかりケアをしましょう。

日焼け肌のケアは水分補給が基本

まず、肌が熱を持っているなどの場合は冷やす、そして保湿。まずはこれにつきます。水分補給は外からだけでなく、水を飲むという行為で内側からも促してください。体のだるさなどを早く回復させる効果とともにお肌の保湿にもつながるんですよ。

日焼け後に食べるべき食材とは?

水を飲むだけでなく日焼け後の体が摂取したほうが良い食材もいくつかあります。体の新陳代謝を促してくれる成分といえば、なんとなく想像つきますよね。

ビタミンC  ビタミンE  ビタミンA  リコピン
これらを含む食材です。

それぞれの効果と含む食材

ビタミンC(メラニン色素の過剰生成を抑制):ブロッコリー・ピーマンなどの緑黄色野菜、グレープフルーツ・オレンジなどの柑橘系、キウイフルーツ・いちごなど
ビタミンE(肌の新陳代謝を高める):アボカド・大豆・ごま・ナッツなど
ビタミンA(皮膚や粘膜を保護):かぼちゃ・にんじん・トマトなど
リコピン(抗酸化作用が強い):トマト(とくにミニトマト)スイカ・グレープフルーツ

カラフルな野菜とフルーツたち。ビタミンCなどは一度に多く摂取しても一定量以上は体外に排出されてしまいますから、こまめに摂取するのがベストです。そしてこれらの中でもとくにおススメなのがミニトマトです。

リコピンの量が大きなトマトよりも多い食材としてアンチエイジングにも必須の食材です。日焼けするなと思った日の朝に、少し多めに摂取するのも良いそうです!これなら簡単ですね。

日焼け前後に食べたいおススメ 簡単レシピ

トマトや他の食材の日焼け後のおススメレシピ動画の中でも簡単なレシピを中心ご紹介します!

ミニトマトのはちみつジンジャーマリネ

こちらは朝漬けておけば夜、帰宅後には食べるだけ^^
さっぱり美味しいのでお子様でもパクパクいけちゃいます。たっぷり作っておくといいかも。

アボカドトマトサラダ

定番のサラダですが、トマトとアボカドを入れて。抗酸化作用と新陳代謝を高めちゃおう!ナッツなどを散らしてもいいですね!

かぼちゃとオクラの肉巻きフライ

かぼちゃがメインおかずになるので家族で楽しめます。オクラもプラスしてさらにビタミンAを摂取!フライを切ったときのオクラもカワイイ!

パクパク食べられる無駄のないグレープフルーツの切り方

レシピではありませんが、グレープフルーツをスプーンなどで食べると、なんだかキレイに食べられないし、成分を全部摂取できなくて勿体無いですよね。このように剥いてしまえば、パクパクとスナックのように食べられます。お弁当などにも最適です。サラダなどに入れてもOKですね。

フライパンひとつで♪簡単フロランタン

アーモンドのお菓子がフライパンひとつで作れちゃう!作ってタッパーなどに入れておけば数日食べられます。

日焼けはしない方がいいけれど・・・

いかがでしたか?日焼けしてしまったらはもちろん、これからの上記のような簡単レシピで野菜をトマトなどを毎日食べるといいですね。ミルキチも毎日ミニトマト食べてます^^

ミルキッチンでは毎日、季節にあったお料理動画レシピを紹介していきますので参考に作ってみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

おすすめリンク最新記事
おすすめ記事