技ありジュレをたっぷり絡めて

カルパッチョ(Carpaccio)は、生の牛ヒレ肉の薄切りに、チーズもしくはソースなどの調味料をかけた料理の総称である。(wikiより)

ということで、魚のカルパッチョは日本が発祥らしいです。マグロとかサーモンとかでもカルパッチョって作りますが、前菜に出るとなんかオシャレだな、といまだ思ってしまうミルキチです。
魚のカルパッチョ自体が和風ということですが、こちらはさらに昆布〆のホタテ。ジュレもたっぷりのせると、ウニみたいで美味しそう^^;なんて思ってしまいました。おもてなし、パーティに最適ですね!
お試しください^^

【材料】

[ジュレ] ・トマト…中1/2(100g)
・すだち果汁…1個分
・オリーブオイル…大さじ1
・塩…少々
・お湯…50cc
・ゼラチン(ふやかしておく)…2.5g
・かつお出汁…50cc
・薄口醬油…少々
・だし昆布…3枚

・ホタテ…5粒
・すだち…1個

[飾り] ・レッドキャベツ…適量
・オリーブオイル…適量
・岩塩…適量
・浅葱…適量

【作り方】

1. トマトを湯むきし、適当な大きさに切る。
2. 1のトマト・すだち果汁・オリーブオイル・塩をフードプロセッサーにかけ、ざるで漉す。
3. 小鍋にお湯とかつお出汁を煮たたせたら火を止め、ゼラチンをいれ溶かす。
4. 薄口醤油と2を加えてよく混ぜ、器にうつし冷蔵庫冷やし固める。
5. ホタテを横に3等分ほどスライスにし、昆布で挟みラップをして1時間おく。
6. 固まった4をフォークなどで崩し、ジュレを作る。
7. 薄くスライスしたすだちと7のホタテを器にもり、ジュレをかけ、浅葱・レッドキャベツを散らし、オリーブオイルと岩塩をかけたら完成!

にほんブログ村テーマ おもてなし料理へ
おもてなし料理

おすすめリンク最新記事










おすすめ記事